おもちゃの簡単な捨て方や分別方法を店長が解説!燃えるゴミ?燃えないゴミ?

おもちゃの簡単な捨て方や分別方法を店長が解説!燃えるゴミ?燃えないゴミ?

こんにちは!

リサイクルショップの雇われ店長ヘッチーです!@hetchy_Blog

 

月日が経つたびにどんどんどんどん増え続けるおもちゃの数々。

中には使い倒されて壊れているものもたくさんあることでしょう!

 

ですので今回はおもちゃを捨てる際の分別方法(見分け方)や処分方法を簡単に解説していきます!

 

おもちゃの簡単な捨て方や分別方法を店長が解説!燃えるゴミ?燃えないゴミ?

おもちゃを捨てる前に注意したいこと

おもちゃを処分したり手放したりする前に注意しておきたいポイントがあります。

1.親が自己判断で勝手に捨てない

ぬいぐるみ一つでさえ、汚れていたり壊れていたりしているものでも、子供たちにとっては家族の1部ような存在で大事にしている子もたくさんいます。

 

いくら壊れていても親が勝手に捨てるのは子供にとっても良くありません。

子供達が悲しい思いや納得いかない気持ちを募らせないためにもこっそり捨ては厳禁なのです。

 

私の勤めているリサイクルショップに、おもちゃを持ち込んでくれた親子がいらしたんですが、子供がまったく納得していなかったみたいでかわいそうでした。

私も査定するのにも申し訳なさが出てきたのを覚えています。

 

 

2.できるだけ子供に処分品を選別させる

まずは処分の前に子供へ「捨てたくないおもちゃ」「お別れしてもいいおもちゃ」を聞きましょう!

幼児の場合はあれもいる!これもいる!となりがちですが、必ず見向きもしない物もあるはずです。

いらないと答えた物・興味がない物・見向きもしないモノは1つにまとめて保管しておきましょう。

 

 

3.興味の薄い物から少しずつ処分する

保管したおもちゃは、すぐには処分しないで様子を見ましょう。

しばらくしても「あのおもちゃはどこ?」などと聞いてこないおもちゃは様子を見ながら少しづつ処分していくと良いでしょう。

 

 

 

 

おもちゃを捨てる前に一度リサイクルショップへ!

おもちゃを捨てる前に一度リサイクルショップへ持ち込んで買い取ってもらいましょう。

まだ使えるおもちゃは買取してもらえる可能性も十分ありますので、まとめて持ち込みましょう。

 

特に滑り台や、押し車などの大型のおもちゃは買取になりやすいですので1度査定してもらう事をお勧めします。

数が多い場合は壊れているかどうかなどのチェックを一つ一つする必要はありません。

 

明らかに破損が目立つものだけはじいて、あとはまとめて店員さんに査定してもらいましょう。

ダメなものがあっても持ち帰ればいいだけですし、場合によっては無料引取りしてもらえる所もあります。

 

 

おもちゃやベビー用品の買取についてはおもちゃにベビーカー…ベビー用品の買取についてに詳しく記事にしていますので是非ご覧ください!

 

 

 

 

おもちゃを処分する際の燃えるゴミと燃えないゴミの簡単な見分け方

おもちゃを処分する時の見分け方を以下燃えるゴミと燃えないゴミの例で分けました。

燃えるゴミに捨てるおもちゃ

  • プラスチック素材のみのおもちゃ(ネジ程度は燃えるゴミでOK)
  • 木の素材だけのおもちゃ
  • レゴブロックのような樹脂製品

電池を使わずにプラスチック類のような可燃素材のみでできているものは燃えるゴミになります。

 

 

燃えないゴミに捨てるおもちゃ

  • 電池で動くおもちゃ全て
  • 光るおもちゃ
  • 電子音が鳴るおもちゃ
  • 画面が付いているおもちゃ
  • 金属が使われているおもちゃ

電池を使うものと金属が付いているものは全て燃えないゴミになります。

以上これだけでほとんどの物が分別可能ですので覚えておきましょう!

 

 

 

 

大きいおもちゃ・捨てにくいおもちゃは処分場を活用しよう!

ゴミ袋に入らないような大きいおもちゃなどは処分場を活用しましょう!

処分場はご存知でしょうか?

市や自治体ごとにゴミを捨てられる所があります。

是非お近くの処分場を調べてみてください。

処分場について詳しくはゴミ袋に入らない大きいゴミや捨てにくいものの捨て方まとめ!をご覧ください!

大量の燃えないゴミを処分場へ持ち込んだ結果!に実際に私が処分場へ行ってきた様子や処分場での流なども書いていますので、まだ行った事がない方は参考になると思うので見てみてください。

 

 

 

 

おもちゃを処分する時は子供とのコミュニケーションを取りながら

 

まずはまとめてリサイクルショップへ持ち込んで買取をしてもらって、残った不要なおもちゃは上記の通り処分すれば問題ないでしょう。

 

大切にしていたおもちゃもあると思いますので、親の独断になってしまわぬように子供とコミュニケーションを図りつつ、気持ちよく断捨離していきましょう!

 

 

 

 

おもちゃに電池を入れっぱなしで保管してしまうと壊れる可能性がある

長期間に渡っておもちゃに電池を入れっぱなしにして保管してしまうと、壊れてしまう可能性がぐんとあがります。

電池を抜かずに電源も入れないで放っておくと、電池が劣化(もろくなる)して電池の中にある液が漏れてきます。

俗に言う『液漏れ』です。

 

この液は電池を入れる部分のバネやおもちゃの中の機械(基盤)に付いてしまうと一瞬で腐ってしまいます。

一度おもちゃの中に漏れ出た液が入って動作不能になってしまうと、修理はほぼできないでしょう。

ですので、おもちゃを長期間使わない時は必ず電池を抜いてから保管することを強くお勧めします。

 

この記事の他にも

【捨てるな!もったいない!】大量にある子供の絵本はまとめて売れます!

おもちゃにベビーカー…ベビー用品の買取について完全攻略!

10万円節約!?最も安く済む引っ越しの片付け手順や処分方法を紹介!

も書いていますので是非ご覧ください!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。