おもちゃはリサイクルショップで売れるのか?【店長が解説】

おもちゃはリサイクルショップで売れるのか?【店長が解説】

こんにちは!

リサイクルショップの雇われ店長ヘッチーです!

 

この記事をご覧のあなたは、

『不要になったおもちゃはリサイクルショップで買取できる?』

『おもちゃを売りに行ったけど断られた』

『おもちゃの断捨離におすすめの買取店は?』

このようにあなたは、おもちゃは売れるのかどうか気になっているのではないでしょうか?

そこで今回はおもちゃの売り方や買取についてサクッと解説していきます。

現在、おもちゃを売る、または捨てようどうか検討している方はぜひ参考にしてください。

 

おもちゃはリサイクルショップで売れるのか?【店長が解説】

結論から言いますと、おもちゃは売れます。

しかしリサイクルショップだと、買取を断られて持ち帰りになってしまう事がほとんどです。

無料で引き取るお店もずいぶん減ってしまっているのが現状です。

ですが、あまり知られていないですが、おもちゃの専門買取店なら査定してもらうことが可能なんです。詳しくは下記で解説していきます。

 

不要なおもちゃを売るには?どこで売るのがおすすめ?

おもちゃを売るには主に以下の4つの方法となります。

加えて簡単なメリットやデメリットがそれぞれありますので、簡単に紹介していきます。

 

①宅配買取サービス←1番おすすめ★★★

おもちゃの壊れているものや付属品がないもの、パーツの欠品があったとしても、実は買い取ってくれる所があります。←ジャンクおもちゃ買取はココ意外やってない

これが魔法です。うそじゃありません。事実です。最後まで読めば納得するでしょう。

全国から宅配買取可能なので、不要なおもちゃを処分感覚、寄付感覚で簡単に依頼する事が可能です。

ここで私が1番おすすめする買取店は、買取専門店トレジャーす。

トレジャーの宅配買取デメリット

査定価格に納得いかなくて不成立(キャンセル)だった場合、商品の返送料のみ負担。という事ぐらいです。

商品の査定完了後に買取をキャンセルした場合、競合他店の場合は商品の返送料まで完全無料ですが、トレジャーは返送料がかかります。

しかし、処分感覚、寄付感覚で利用する方にとってはさほど気にならないでしょう。

それに、返送料が発生する引き換えに、壊れたおもちゃやゲーム、付属品やパーツがないガラクタみたいなものも、査定対象なのはトレジャーだけの特権です。

 

トレジャーを利用するメリット
  • 壊れたり、バラバラになっている状態でも、おもちゃやゲームならなんでもどんなものでも査定可能(このような競合他店は他にありません)
  • 簡単に3分で申し込めて届いた箱に詰めて送るだけです。
  • 申込みの数日後には不要なおもちゃがキレイさっぱりなくなっている
  • おもちゃを捨てる時の分別する手間がかからない
  • 査定料・発送料・振込手数料・キャンセル料などの手数料はすべて無料(商品返送料のみ負担)
  • 子供を連れてリサイクルショップへ行く手間がない

ざっとまとめただけでこのような感じです。

いつも見て見ぬフリをしていたおもちゃの山も、捨てる手間をかけずに問題解決です。

おもちゃが片付く、お金になる、リサイクルできる、部屋にスペースができる、などなど、一石二鳥どころではないサービスではないでしょうか。

なんども言いますが、このような買取店は他店では存在しません。

ですので、トレジャーがこのおもちゃの買取サービスをやめてしまった場合、このようなサービスは当分受けられないでしょう。

だからこそ、今すぐ申し込むに越したことはありません。善は急げ!です。

申し込みも簡単で約3分で終わりますし、届いたダンボールに詰め込んで収集業者に渡すだけです。

おもちゃの片付けをしようとしている方や、いくらでもいいから引き取ってもらえるだけで助かる!という人にとっては、これ以上ないサービスとなっています。

おもちゃの買取なら買取専門店トレジャー

トレジャーの紹介や利用手順などはコチラ↓
おもちゃを売るなら買取専門店トレジャーがおすすめ!【利用手順や疑問点はこれで全て解決!】

 

 

②リサイクルショップ店舗への持ち込み

・メリット

店舗へ持ち込んで買取ってもらうメリットはすぐに現金化ができます。

加えておもちゃは他の家具や家電のように大きい重量物が少ないので、ほとんどお母さん一人でも車があれば持ち込み可能だと思います。

 

・デメリット

買取り金額が思ったよりも高くないことが多いです。

ましてや総合的なリサイクルショップだと安くなりがちで、断られてしまうケースもかなり多いです。

お子さんを連れて持ち込むのも一苦労です。

労力の割には全然役に立たない事が多いですね。

 

 

③ネット販売

・メリット

ヤフオクなどを活用することで販売価格で売ることができることでしょう。

店舗へ持ち込こんだ際の買取金額の約5倍前後で売れる可能性があります。

 

・デメリット

いつ売れるか分からない。

量がある場合は非常に大変です。時間がある人しか出品できません。

ネット販売できる環境を作って、商品説明や写真撮り、梱包から発送までやることが沢山あります。

場合によっては返品される可能性や、クレームが来ることもあるでしょう。

基本的にネット販売は、慣れている人か、

まだ購入してから間もない高価な物がある場合出品するのも1つの方法です。

 

 

出張買取

・メリット

自宅に直接業者が引取りに来てくれるので全く手間がかからず、非常に楽です。

それと一気にまとめて査定してもらえます。

 

・デメリット

店舗へ持ち込んだ買取よりも安く買い取られる場合がほとんどです。

こちらの手間はかかりませんが、業者の出張経費、手数料が引かれてしまいます。

逆にマイナスになってしまう場合もあります。

特におもちゃの場合は専門店でもないかぎり、使用済みのおもちゃの場合は、ほとんど断られるか、有料の引き取りになってしまうでしょう。

出張買取のデメリットは詳しくいらない家具を出張買取に頼むな!リサイクルショップの現役店長が暴露!に書いていますので是非ご覧ください!

 

 

 

おもちゃを売る時の上手な使い分け

様々な状況から自分に適した売り方を選択しましょう。

お金を払ってでも引き取ってほしい場合は出張買取を検討する

出張買取では人件費や作業手数料などの経費が買取額から差し引かれてしまう

おもちゃを出張買取りで依頼する場合、買取額から交通費、人件費、その他作業手数料が差し引かれてしまいます。

ですので逆にマイナスになってしまいお金を支払わなければならない事も多々ありますので、なるべくなら持ち込んだ方がベストです。

おもちゃは家具などのように大きいものはほとんどないと思いますのでまずは持ち込みを検討しましょう。

 

 

 

ヤフオクやメルカリに出品するには商品単価が高い物を出品する

ヤフオクなどでネット販売をするときは、

高価なベおもちゃを購入して、まだ年月も経っていないような新しい商品があった場合に活用するべきです。

例:3万円で滑り台を購入し、購入からまだ1年前後など

 

また、何でもかんでも出品するのはお勧めしません。

上記で説明したようにデメリットも多いからです。写真撮影から説明文の作成に梱包とその他色々あります。

使い込んでいたりある程度年数が経っているものは、ネット販売したとしてもたいした金額で売れる見込みが少なく、すぐに売れる見込みも保証できません。

 

送料もかかります。

基本的に売りたい商品の商品相場から送料の料金を差し引いたものがネット販売で売れやすい相場になります。

よって送料が高ければ高い程、ネットで売れる金額も安くなっていきます。

ですのでネット販売をするときは、なるべく単価が高く比較的に新しい物や状態が良い物を中心に出品すると、早期落札もされやすくなります。

 

 

 

おもちゃを売る方法やポイントがたくさんある!断捨離でスッキリ!

それぞれの用途が分かりましたでしょうか。

簡単にまとめると、

  1. おもちゃを断捨離する方法は基本的に4つ
  2. 買取専門店トレジャーの宅配買取を利用するのが1番おすすめ
  3. まだ購入して間もない高額商品はネット販売がおすすめ
  4. 物が沢山あってお金を払ってでも片付けたい派の方は出張引取り

といったところです。

自分に合う最善の方法で、役目を終えたおもちゃとお別れしてあげてください。

 

この記事の他にも、

【捨て方】おもちゃの簡単な分別方法を店長が解説!燃えるゴミ?燃えないゴミ?

実は高く売れるおもちゃ10選まとめてみた!

絵本を捨てるのはもったいない!絵本はまとめて売れます!

買取価格が安い原因をリサイクル店の現役店長が教えます!

なども書いていますので是非ご覧ください!