【安い掃除機はお金の無駄!】私がダイソンを選ぶ理由はヘッド!

【安い掃除機はお金の無駄!】私がダイソンを選ぶ理由はヘッド!

こんにちは!

雇われ店長のヘッチーです!

 

早速ですがみなさんの掃除機は何を使っていますか?私はダイソンを使っています。

 

ダイソンと出会う前は掃除とはほぼ無縁で、掃除機なんかほぼ使ったこともないし、吸引力なんか関係なく吸い込めればなんでもいいや!という感じでした。

 

ある日、たまたまテレビを見ていたらテレビ通販でダイソンが紹介されていました。そのとき使っていた掃除機が調子悪くなっていたので、以前からダイソンには興味があったのと、今まで使っていた調子の悪い掃除機を1万円で買取(下取り)できるとの事でダイソン購入に至りました。

 

購入した結果これが大正解!とても満足しています。

 

子供を授かってからはなおさらダイソンを買っといてよかったと感じています。

 

そこで今回は、掃除機の簡単な選び方や私のおすすめするダイソンを簡単に紹介します。

 

 

 

 

1.掃除機の選び方

掃除機を選ぶ際のポイントをまとめていきます。

・1回あたりの掃除機をかける時間

・吸い込み仕事率(吸い込む力)

・ヘッド(回転ブラシ)

 

まず普段掃除機をかけている時間を把握します。

・私の家の場合は奥さんも私も一回あたりの掃除機をかける時間は10分前後です。

このような短時間の場合はコードレス掃除機がおすすめですね。

・逆に20分以上使う場合はコードがある紙パック式やサイクロン式がいいと思います。

 

吸込み仕事率を見てみよう

「吸込仕事率」は、掃除機がゴミやホコリを吸い込む能力をワットで示したものです。

「吸込仕事率」は凄く簡単に言えば吸い込みのパワーのことなんですが、数字が大きければ吸い込みがいいとは限りませんので注意が必要です。

吸込仕事率で見比べても良いのは紙パックタイプだけですね。

紙パックタイプのはどの掃除機も構造が似ていますので吸引仕事率が高ければ、吸い込みも良いと考えても問題ありません。

 

 

 

 

 

掃除機でゴミを吸い込む時一番重要なパーツはヘッド(回転ブラシ)

ヘッド(回転ブラシ)って?

リサイクルショップでは様々な掃除機が入荷します。色々点検していて確信したのがヘッド(回転ブラシ)の重要性です。

ヘッドとは吸い込み口のことです。この部分は吸引力より大事かもしれません。

 

 

 

 

安い掃除機はヘッドがだめ!ヘッドが掃除機の1番重要な部分。

安い掃除機は色々と頼れない部分がありますが、特にこのヘッドがだめですね。

中にはヘッドに回転ブラシすら付いておらず、ヘッドの真ん中に吸い込み穴が空いているだけのものがあります。

 

これではいくら吸い込み力が強くてもカーッペットに引っかかっているような小さいゴミやカスまでは全然吸引できません。

 

対してレギュラークラスの掃除機には必ず回転ブラシが付いています。これがないとまったくゴミが掻き出せませんので、安っぽい回転ブラシが付いているだけでもその差は天と地の差です。

 

 

 

 

 

ヘッドと吸引力に特化した掃除機…それはダイソン!

ダイソンのヘッドの仕上がりと吸引力

上記を満たしていて使いやすい掃除機はやはりダイソンですね。

吸引力は申し分なくありますし、なによりダイソンの強みはヘッドですね~。

 

周りの掃除機の回転ブラシと比べてみても、本当にダイソンの回転ブラシは良いですよ!よく研究されて作っているんだなあと感じます。

 

このヘッドなら、吸引力はそんなになくても、どんどんゴミが掻き出されて吸い込めそうです。

 

なのに吸引力も十分にあって、まさに最強ですね。

 

 

 

 

私がダイソンを使った感想を簡単にレビュー

ちなみに私が使っているのはDC45というモデルでコードレスタイプです。

こいつの良い所はめんどくさがりやな私でも、この掃除機があるだけで掃除をする気になります)笑

 

子供がお菓子の破片をまき散らしても、壁にかかっているダイソンをサクッと手に取りサクッと散らかっている部分を吸引し、サクッとまた壁にかけて終了です。

 

正直これを経験したらもうコード付きの掃除機には戻れません。

 

これを書いていたら新しいダイソンが欲しくなってきました)笑 自分のはちょっと古めのダイソンなので、最新のダイソン欲しいです。

 

最新型はさらに吸引力とヘッドが強化されていてますから凄いです。

 

いつか買えるように頑張ります。

 

 

 

 

 

ダイソンのように掃除機はヘッドに力を入れている物を!

いかがでしたでしょうか。

以上の事から掃除機はやっぱりヘッドが大事だと思います。

 

掃除機を検討されている方は、是非回転ブラシに力を入れている掃除機を見つけてみて下さい!

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事のほかにも

【10年落ち】古くてもリサイクルショップで高く売れるもの10選!

も書いていますのでぜひご覧ください。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。