お酒の捨て方を簡単に解説!お酒はトイレに流せるの?

お酒の捨て方を簡単に解説!お酒はトイレに流せるの?

こんにちは!

リサイクルショップの雇われ店長のヘッチーです。

 

今回の記事は、

『お酒はどういう風に捨てればいいの?』

『お酒の中身をトイレに流すことはできる?』

『お酒が大量にあって処分に困っている』

『未使用のお酒を捨てるのはもったいない…』

など、お酒をどう処理していいか悩んでいる方のためにサクッと解説していきます。

 

お酒の捨て方を簡単に解説!

 

お酒の捨て方①:お酒をトイレに流して捨てる

お酒を捨てる場合はキッチンなどの流しに流すよりも、トイレに捨てるのが1番良いです。

理由は下記に書いていますが、お酒が古くて固形化していた場合でもトイレに流せますのでおすすめです。

 

 

お酒の捨て方②:お酒を水道と一緒に流しに捨てる

下水設備がきちんとなされている都会などにお住みの方は、シンクなどの流しに捨ててしまっても大丈夫です。

しかし、田舎の場合は下水設備がなく、家の脇のドブにそのまま流れてしまう場合も大いにあります。

お酒は臭いがきついので、たくさん流してしまうと100%ドブ周辺はお酒の悪臭にさらされてしまいます。

虫の大量発生の原因にもなりますので、十分に周りや近所への影響がないか配慮をしつつ、捨てるようにしましょう。

 

 

 

お酒を外に捨ててもいいの?

お酒を外に捨てる時も上記と同じく、周り近所に十分配慮しつつ、捨てても問題がなさそうな所へ捨てましょう。

 

 

お酒の空き瓶や容器の捨て方

お酒の容器がビンの場合は燃えないごみで捨ててしまっても問題ありません。

紙パックの容器の場合はそのまま燃えるごみでOKです。

一升瓶・ビール瓶・日本酒・焼酎・みりん・果実酒、などの空き瓶などが大量にある場合は、近くの酒屋さんで回収してもらえます。

酒屋さんで回収された瓶はリサイクルされて再利用されます。

 

 

未開封の大量のお酒は買取店で売れる!捨てるのはもったいない!

未使用のお酒がたくさんある場合は、捨てずに売りましょう。未使用なら古くても売れる場合がほとんどです。

10本以上あるのであれば、まとまった金額になりやすいです。

おすすめの買取店は、【買取リカーズ】です。

リカーズの特徴としては、

  • 未開封のお酒なら古くてもほとんど買取れる
  • バカラボトル等は開封済みでも「空ボトル」として買取可能
  • 手数料送料無料で宅配買取できる
  • ダンボール・緩衝剤などの宅配キットが無料でもらえる
  • 1本から買取可能

などです。

デメリットとしましては以下です。

  • 買取金額に納得いかない場合は返送料がかかる
  • ビールや発泡酒、酎ハイなどは買取不可

などです。

気になる方は、全国対応!飲まないお酒、買取ます!【買取リカーズ】にて買取の申し込みが簡単にできます。

是非覗いてみてください!

合わせて読みたい
家の中にあるもので売れるものまとめ!【金欠必見】