メルカリで売れにくい時の対処法を解説!売れないものってある?

メルカリで売れにくい時の対処法を解説!売れないものってある?

こんにちは!

リサイクルショップの雇われ店長のヘッチーです。

 

今回の記事では、

『メルカリで売れないものはあるの?売れる気配がないけどどうする?』

『売れにくい商品を出品しているのかな?』

など、商品が売れなくて悩んでいるのではないでしょうか?

いきなり結論から言いますと、メルカリで売れにくい商品はほぼありません。95%~99%は売れる商品だと思っています。

この記事を最後まで読んで頂ければ、必ずとは言いませんが、どんな商品でも飛躍的に売れやすくなるでしょう。

 

メルカリで売れにくい時の対処法を解説!売れないものってある?

 

そもそも出品禁止物の売れないものを出品していないか

メルカリでは売ってはいけないもの(出品禁止物)があります。

出品禁止物は以下です。(2019年9月現在)

  • 偽ブランド品、正規品と確証のないもの  
  • 知的財産権を侵害するもの  
  • 盗難品など不正な経路で入手した商品  
  • 犯罪や違法行為に使用されるまたはそのおそれのあるもの  
  • 危険物や安全性に問題があるもの  
  • 児童ポルノやそれに類するとみなされるもの  
  • 18禁、アダルト関連  
  • 公序良俗、モラルに反するもの
  • 使用済みの下着類  
  • 使用済みのスクール水着、体操着、学生服類など   
  • 医薬品、医療機器  
  • 許認可のない化粧品類や化粧品類の小分け  
  • 法令に抵触するサプリメント類  
  • 保健所許可や営業許可のない食品、開封済みまたは到着後1週間以内に消費(賞味)期限が切れる食品  
  • たばこ  
  • 農薬、肥料 
  • 現金、金券類、カード類  
  • チケット類  
  • 領収書や公的証明書類
  • ゲームアカウントやゲーム内の通貨、アイテムなどの電子データ  
  • 物品ではないもの (情報、サービスの提供など)  
  • 手元にないもの  
  • 福袋 (内包される商品の名称や写真がないもの)  
  • 所有者の変更登録が直ちにできないまたはそのおそれのある自動車やオートバイ  
  • 試作品(商品サンプル)の掲載がないオーダーメイド品  
  • 象牙および希少野生動植物種の個体などのうち、種の保存法により必要とされている登録がないもの  
  • アクティベーションロックやネットワーク利用制限のかかった携帯端末、残債がある携帯端末、契約中の携帯端末  
  • その他法令に違反している、またはその可能性があると事務局が判断した商品
  • 差別を意識させたり、それらにつながるもの  
  • 事務局で不適切と判断されるもの  

出典元:メルカリメルカリガイド から引用

上記の商品は売ることができない出品禁止物ですので、心当たりがある方はすぐに出品を取り消しましょう。

 

 

メルカリで売れにくいものはあるのか?

メルカリでは売れにくいものは多少ありますが、出品の仕方が正しければ、いづれは売れることがほとんどです。

一般的に、需要が全くないものを出品した場合は、売れるのに数か月~数年かかったりします。(壊れたメガネなど)

あなたの商品が売れない場合、出品の仕方に問題があるかもしれません。

 

 

 

メルカリで売れない出品の仕方をしていないか

ほとんどの商品の場合、出品の仕方が親切で正しければ、ほとんどの場合はいつかは売れます。

下記の事をちゃんとできているかチェックしてみてください。

 

メルカリで売れない理由1:商品説明文

メルカリでは商品の説明がきちっとしていないと売れなくなってしまいます。

買い手は、相手の顔が見えないのでなるべく信頼のできそうな人から購入します。

ですので商品説明が、1行や2行しかないものは商品の詳しい状態が不明なため、売れなくなってしまいます。

下記の事をしっかり記載するようにすれば、比較的に売れやすくなります。

  • 商品名・ブランド名
  • 型番・年式
  • 商品のキズの程度、汚れ具合
  • 掃除の有無
  • 全ての動作が確認済みか(各ボタンの反応など)
  • 使用頻度はどのくらいか
  • 破損はあるかないか
  • 不具合はあるかないか
  • 付属品は何が付くのか、付かないのか

などなど、できるだけ買い手の不安を取り除けるように、商品の詳細を記入しましょう。

信頼度が高いほど売れやすく、高値も付きやすくなります。

 

 

メルカリで売れない理由2:写真の撮り方

メルカリで売れやすくするには写真は必須です。

ですが、1枚撮ればいいというものでもありません。

買い手の事を考えて、以下の事に注意しながら写真を撮りましょう。

  1. 商品の全体写真を正面、前後左右の写真(服など薄いものは前後の写真)
  2. 状態が悪い部分の箇所をアップに撮った写真
  3. 電源を入れて動作している写真(電源が入っている写真など)
  4. 中身(電子レンジの内部など)
  5. 付属品の写真

以上の事に気を付けながら写真を撮ると、買い手も安心して購入できます。

なんども言いますが、不信感を抱かせたら買ってくれないので、安心して買ってもらえるように気を付けなければなりません。

できれば1~5までをすべて公開できると最高です。

 

 

メルカリで売れない理由3:過去の評価

出品者の過去の評価もかならず見られます。

ですので、悪い評価が付かないように、商品だけではなく、梱包の仕方ややり取りのメッセージまで、全てに気を配りながら出品していかなくてはなりません。

すでに、悪い評価が大量についてしまっている場合は、そのアカウントでの出品をあきらめるしかないでしょう。

 

 

メルカリで売れない理由4:価格設定が高すぎる

単純な事ですが、価格が高すぎると誰も買いません。

上記の売れない理由1~3までを意識して出品している場合は、他の人が同じ商品を出品している価格の約5%ほどまでは高く付けられると思います。(商品の状態やものによるが)

 

 

 

まとめ:メルカリで売れないものはない!安心して買ってもらおう!

メルカリではなんでも出品禁止物以外はなんでも売ることができます。

なかなか売れない場合は上記の事を意識して、何度も言いますが、【買い手に安心してもらう事ができればほぼ絶対に売れます。

この記事を読んで、しっかり実行しても売れない場合は、その商品に需要がなさすぎるのかもしれません。

少しでも参考になって頂けたら幸いです。

合わせて読みたいおすすめ記事
メルカリで出品するコツを解説!コレであなたもメルプロに!

 

この記事の他にも、

メルカリで売れるもの総まとめ!【2019年版】

メルカリで1万円で売れるもの33選!!【総まとめ】

なども書いていますので、是非ご覧ください!