【超低確率!】実家に落ちてきた隕石を店長がガチで買取査定してみた!

【超低確率!】実家に落ちてきた隕石を店長がガチで買取査定してみた!

こんにちは!

雇われ店長ヘッチーです!

 

 

突然ですが・・・あなたのお家に隕石が落ちてきたことはありますか?

 

以前、私の実家に隕石が落ちてきました。

これだけ聞くとかなり嘘くさい。笑

 

でも、本当です。

 

現在、家に落ちてきた隕石は家宝になっています。

今回はその隕石についてどのように家に落ちてきたのか、どのような隕石なのか?などなどを書いています。

 

そして、家に落ちてきた隕石をリサイクルショップの店長である私がガチで査定をして値段を付けよう!という前代未聞の記事となっておりますので是非最後までご覧いただければ幸いでございます。

 

隕石が自分の家に落ちる確率

隕石が自分の家に落ちる確率をざっと調べました!

なんとその確率は…『40億分の1』

 

とんでもない確率ですよね笑

実はこの確率って知らない他人と偶然出会う確率と同じみたいです。

 

なんか運命的ですねw

 

 

 

 

 

日本の我が家に隕石が落ちてきた時の様子

私が生まれる前(40年前ぐらい?)に家に隕石が落ちてきたそうです。

 

発見者は私のおじいちゃんで現在も健在です。

話を聞いてみると、隕石は家に直撃したというよりも転がってきたそうです。

 

発見当時は家の脇に転げ落ちていたそうです。

 

私のおじいちゃんが発見し、手に取った時には熱くもなんともなかったみたいです。

ですので落ちたてホヤホヤではなかったようですね。

落下直後だと熱くて持てないはずですからね。

 

私の推測だと、どこかに1回落ちて、そのまま地中に埋まることなくスーパーボールのように弾み、そのまま実家に転げ落ちてきて熱が冷めた頃に発見されたのではないかと勝手に予測しています。

 

 

発見当時は噂を聞きつけた博物館の方などが押し寄せてきて、譲ってほしいなどと言われていたみたいです。

 

ですが私のおじいちゃんとおばあちゃんが、『この家に落ちてきたのは何か理由があるはずで、この家を選んで来てくれた神様ですので誰にもお譲りできません』ときっぱり断ったみたいです。

 

 

 

 

 

隕石が落ちてきた場所

 

隕石が落ちてきた場所は私の地元である秋田県横手市です。

現在、実家が営むぶどう園になっているところに落ちてきました。

落ちてきた当時はこのぶどう園はありません。このぶどう園の敷地内に家があって家の近くに隕石が転がってきたみたいです。

 

 

 

 

ちなみに現在のぶどう園の中はこんな感じです。

一昔前、この敷地内に隕石が突如やってきました。

 

 

 

 

 

 

落ちてきた隕石は我が家の家宝になっている

隕石は現在まで実家の仏壇の脇に専用の神棚の中に入れて祀ってあります。

 

私は生まれた時からこのように隕石が家にあったため、そんなに珍しい物でもないと思っていました。

むしろ小さい頃は隕石をおもちゃにして遊んだものです笑

 

小学生の頃は誰も見ていないのを見計らって、この中にある隕石を手に取り、弟とボーリングをしたり外でキャッチボールをしたり転がして遊んだものです。

 

今思い返せば凄い物をおもちゃにしていたんだなあと思います。なくさなくて良かったです笑

 

 

 

 

 

落ちてきた隕石を店長がガチで買取査定してみた

落ちてきた隕石のスペック紹介と買取査定をしていきます!

 

これが落ちてきた隕石だ!

形は丸丸としている隕石です。

 

 

隕石の質感は黒光りしていて、手に持つと大きさの割にずっしりと重量感があります。

触ってみるとひんやりした感じがあり、普通の石ではない事が感じ取れます。

 

 

子供の頃に投げて遊んでいましたが、キズもほとんどついていません。

かなりの固さと強度がありそうです。

 

 

表面をよく見てみると、ポツポツとオレンジ色にサビているところが所々に見受けられます。

 

隕石にも色々な種類がありますが、おそらくですがポピュラーな鉄隕石だと思われます。

 

 

 

 

隕石の直径

 

隕石の直径は約6cmでした。

 

実は地球上には数mクラスの隕石は毎日のように落下しています。ですが、地上に落ちてくる前にほとんどの場合は燃え尽きて消えてしまうみたいです。

隕石のほとんどが大気圏で燃えつきてなくなってしまう中で、この6cmの隕石が家に落ちてきたとすると元々はかなり巨大な隕石だったに違いありません。

 

 

 

 

 

 

隕石の重さ

隕石の重さは243gでした。

手に持った感じは見た目以上にずっしりとしていたので思ったよりも軽めでした。

 

 

 

 

 

 

隕石にもし珍しい成分や鉱物が入っていたら!?店長が隕石を買取査定!

そもそも私は隕石を査定したことがありませんので、今までの経験を活かして査定していきたいと思います。

 

 

まずは隕石という事ですが、隕石自体が希少性は高い方だと思います。大気圏でほとんどの隕石が燃え尽きて消えてしまう中で、燃え残ったとしても、地球上の70%以上が海ですので、陸地に落ちること自体が珍しく、ましてや日本国内に落ちてきて私の実家に落ちているわけですから、その確率は天文学的な数字になってしまうくらい低い確率であると推測できます。みなさんは自分のお家に隕石がやってくる可能性は何%だと思いますか?

 

 

落ちてきた隕石はおそらく鉄隕石です。

 

現在の鉄隕石の相場が1gあたり約400円となっています。

 

 

また、隕石の内部に珍しい成分や鉱物、月の隕石だったりすると、1g100万円以上になることもあるみたいです。

 

 

以上の査定ポイントを踏まえると、

 

  • 日本国内(私の実家)に落ちてきた希少性
  • 直径は約6cmほどで重量は243g
  • 隕石の種類はおそらく鉄隕石
  • ところどころサビている

 

 

以上を踏まえた私の実家に落ちてきた隕石の買取価格は…

 

 

 

 

 

928,320円となりました!

 

 

ちなみに販売価格は1,547,200円となりました!(家宝なため販売は不可です)

 

 

 

 

 

査定価格の理由

まず鉄隕石と仮定して1g400円だとして243gあるので9万7千200円となります。

 

そして日本国内に落ちた希少性+隕石内部に珍しい鉱物などが入っている可能性があるため、プラス150万円。

 

マイナスポイントはサビている所があるため-5万円。トータル154万7千2百円という販売価格になりました。

この価格から儲け分を4割頂いて、買取額は928,320円となりました。

 

 

 

 

 

隕石の価格なんか分からない!

買取価格などは私が好き勝手に言っている事なのであまり参考にしないようにお気をつけください。

 

そもそも家宝にしている隕石に値段なんか付けるな!と私のおじいちゃんおばあちゃんに怒られそうですので、この変にしておきます。

 

当然家にある隕石は売る気はないですが、隕石内部はまだ調べてもらっていませんので、地球上に存在しない鉱物や物質が入っている可能性も0ではないです。

そう考えるとなんだかわくわくしちゃいますね!

 

そんな我が家の隕石自慢の記事を最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

家に隕石が落ちてくる確率ってどのぐらいなんだろうな~

 

 

 

この記事の他にも、

【ありえない!!】リサイクル店店長が教える買取価格が安い原因のまとめ!

ドラえもんの道具を5つガチ査定してみた

も大好評いただいていますので是非ご覧ください!

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。