【買取】iPhoneやiPadをネットやリサイクルショップで売る前の下準備を完全網羅!

【買取】iPhoneやiPadをネットやリサイクルショップで売る前の下準備を完全網羅!

みなさんこんにちは!

雇われ店長のヘッチーです!

 

今回は皆さんの大好きなの買取やネット販売について簡単にまとめていきます。

リサイクルショップでのiPhoneやiPadの買取はヤフオクなどのネット販売に比べて安くなってしまう傾向にあります。

できれば自分でネット販売していきたいところですが、どうしてもリサイクルショップで売りたいという方は参考にしてください。

以下の記事は自分でネット販売する時にも参考になると思いますので是非ご覧ください。

 

iPhoneやiPadをネットやリサイクルショップで売る前の下準備

iPhoneやiPadを売る前には以下の事を必ずやっておきましょう!

iPhoneやiPadを売りに出すときは必ずアクティベートロックを解除しよう

※アクティベーションロックとは

あなたと無関係な第三者がiPhoneやiPadを手にした時に無許可で使用することができなくなる機能です。

逆を言えばアクティベーションロックの設定をしていないと、盗まれてしまった場合に初期化されて使用できるようにされてしまいます。

アクティベーションロックが設定されたままですと、買取してもらえない場合やトラブルの原因になります。

アクティベーションロックを設定したまま初期化しても、起動して設定を進めていくうちに持ち主が設定していたAppleIDとパスワードが求められてしまいます。

つまり第三者が手にしたときに、IDとパスワードが分からないため使用不可能になってしまいます。

 

特にネット販売ではトラブルの原因になりやすいので、注意しましょう。

アクティベートロックの解除方法は以下の手順で可能です。

  1. 設定を開く
  2. AppleIDを選択
  3. iCloudを選択してiPhoneを探す を選択
  4. iPhone(iPad)を探すと言う項目でOFFに設定(AppleIDとパスワードが要求されたら入力しましょう)
  5. 1つバックしてiPhoneを探すがOFFになっていれば完了

iPhoneを探す=アクティベーションロックですね。

 

 

バックアップを必ず取る

初期化する前に忘れてはいけないのがバックアップです。

機種変更する際は必ずバックアップを取りましょう。

中身のデータがいらない方はバックアップを取らなくてもいいですね。

 

 

iPhoneやiPadを初期化する

万が一アクティベーションロックが解除されていなかった場合に備えて、AppleIDとパスワードは事前に控えておきましょう

ここまできたら初期化しましょう。万が一の時の為にAppleIDとパスワードは必ず初期化する前に控えましょう。

アクティベーションロックが設定されたまま一度初期化してしまい、AppleIDとパスワードが不明になってしまったらかなりめんどくさい事になってしまいます。

AppleIDとパスワードを控えたら初期化します。

手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面で”設定”を選択
  2. “一般”を選択
  3. “リセット”を選択
  4. “すべてのコンテンツと設定を消去”を選択
  5. “iPhone を消去”を選択
  6. 再度確認画面が表示されます。”iPhone を消去”を選択
  7. 初期化(リセット)が完了後

 

 

初期化したらアクティベーションロックがかかっていないかチェック

念のために初期化が完了したらハロー!のページから順次設定していきましょう。

無事アクティベーションロックが解除されていればホーム画面までたどり着いて使用可能になります。

 

 

ネットワーク利用制限を確認

ネットワーク利用制限とは

キャリア等で購入したiPhoneなどの分割払いが未払いになっていたり、代金が支払われなかった場合などの一定の条件で、キャリアから4Gなどの通信に制限がかけられてしまい、一切の通信ができなくなる状態のことを指しています。

ネットワーク利用制限がかかってしまっているとリサイクルショップでは買取できない場合がありますので一度確認してみましょう。

現在のネットワーク利用制限の状態を確認するには、端末固有の製造番号(IMEI番号)を専用ページで入力することにより調べる事ができます。

 

iPhoneやiPadの端末固有の製造番号(IMEI番号)確認手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面から設定
  2. 一般を選択
  3. 情報を選択
  4. 情報内からIMEIという項目で確認

IMEI番号が確認できましたら以下のキャリアの方は下記リンクにてネットワーク利用制限状況を確認してみてください。

IMEIの15桁の番号を入力して、○判定になっていればとりあえずOKです。(現在は○でも今後支払いが未払いになってしまうと△や×になります)

au⇒https://my.au.com/cmn/WCV009001/WCE009001.hc

docomo⇒http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

Softbank⇒https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

 

 

付属品のチェック

できる限り付属品を付けて売りに出そう

リサイクルショップにもよりますが、付属品がない場合は1点に付き500円前後買取額から減額されてしまったり、

逆に付属品も1点に付き100円とか50円とかで買い取ってくれるお店もあれば、付属品は金額に全く影響しないお店もあります。

なんにせよ、付属品はあった方が良いので、できるだけ揃えておきましょう。

付属品一覧

  • Apple純正イヤフォン
  • Lightning – USBケーブル
  • 5W USB電源アダプタ
  • Lightning – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ
  • SIM取り出し用ピン
  • 元箱
  • アップルシール

などなどです。

出来る限り集めて本体と一緒に売りましょう。

 

 

最後に必ずSIMカードを抜いておく

SIMカードの中には契約情報がたくさん記録されています

SIMカードは個人情報の塊です。

最後にSIMカードは必ず抜いて、使わなければはさみなどで切ってから処分しましょう。

 

 

 

リサイクルショップでの買取価格とヤフオク出品の時にやるべき事

リサイクルショップでの買取価格はお店により様々です。ヤフオク出品時にiPhoneやiPadを出品する際に掲載しなければならない事があります。

リサイクルショップでの買取価格は様々

先日、私が他店舗の買取調査を決行しに行って、当時発売されたばかりのiPhone6プラスをとある大手リサイクルショップへ持ち込みました。

ズバリ査定結果はなんと100円!?

理由を尋ねたところ、電源ボタンの効きが悪いとの事でジャンク品扱いになるそうです。

「スマホのジャンク品は一律100円なんですよね~」と申し訳なさそうに言ってたのを覚えております。

当時発売されたばかりのiPhone6プラスが100円とは参りました。

確かに初期不良品でボタンの調子が悪かったのですが、、、あんまりですよね。

 

液晶がグチャグチャの電源も入らないiPhone6プラスでも、ジャンク品で当時は最低でも1万円以上の値段はヤフオクで付いていました。

リサイクルショップも本当にそのお店によって違うんだなあと痛感しましたね。

大手だから高く買い取るとか、小さい個人店だから安くしか買ってもらえないとか関係ないですね本当に。

お店によります!

 

ヤフオク出品する時は上記のような詳細を掲載

ヤフオク出品などネット販売をする時は説明欄に必ず下記の状態を全て掲載しましょう。

これで早く高く売れるようになり、信頼度も上がります。

  1. アクティベーションロックの有無
  2. 初期化してあること
  3. ネットワーク利用制限の判定結果
  4. 現在の端末料金の残積有無
  5. IMEI番号を掲載

 

 

 

iPhoneなどを売る前に下準備を完璧に!

いかがでしたか?
iPhoneなどのアップル製品は売る前の準備が結構あります。

少しでも皆さんの参考になって頂けたら嬉しいです。

リサイクルショップでは買取額がお店によって全く違いますので、大きいお店から個人店まで色々回ってみて下さいね!

 

この記事の他にも

【不用品買取】専門業者に売るべき商品10選!

不用品を必ず高く売る方法について

【売る】冷蔵庫の買取について

【売る】洗濯機の買取について

等も紹介していますので是非ご覧ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。